油圧ダンパー
DVC-32-150

各方向を個別に調整

手動調整型、遊びのないストローク
最大圧縮減衰力 2,000 N
ストローク 150 mm

製品シリーズ DVC-32は、伸張時と収縮時の各速度で異なった調整が初めて可能となった油圧ダンパーです。各ストローク方向の調整が外部から正確に実施できます。圧縮方向と引張方向のそれぞれに設けられたアジャスターと、両方向で得られる緩衝作用により、安全装置や調整機器に適したダンパーです。

様々な取付金具を取り揃えたACEの油圧ダンパーは素早く簡単に設置でき、密閉式でメンテナンスも不要です。汎用品として様々な用途にご活用いただけます。高品質で使いやすく、振り子のように揺れる物体の緩衝などに適しています。

CAD図面

製品ダウンロード

この製品に関してダウンロードできるものはありません。
DVC-32-150
手動調整型、遊びのないストローク

製品寸法

DVC-32-150
ストローク150 mm
L 最大長440 mm

技術仕様

最小圧縮減衰力 42 N

最大圧縮減衰力 2,000 N

最小ガス反力 42 N

最大ガス反力 2,000 N

外部ボディ直径 Ø32mm mm

ピストンロッド直径 Ø 8mm

使用限界 約10,000m

使用温度範囲 0°C~65°C

調整方法 無段階調整が可能です

ポジティブストップ お客様側で、ストローク終端から1mm~1.5mmの位置に外部ストッパーを設置してください。

減衰媒体 オートマオイル(ATF)

材質 外部ボディ: アルミニウム(コーティング); ピストンロッド: スチール(硬質クロムメッキ); 取付金具: スチール(亜鉛メッキ)

取付位置 制限はありません

ロッドが長期間ストロークしていないと、ストローク開始時に通常よりも強い力が必要となります。減衰力の調整はショックアブソーバを取り付けた状態で実施します。

取付金具

様々な方法を任意に組み合わせられます。お客様側で緩み止め対策を講じてください。

オプション

特殊オイルなどの特別仕様や、ここに記載された以外のアクセサリーも承ります。

一般情報

製品使用例

油圧ダンパー - DVC-32
重さ130kgのボビンワインダーの交換では、キャリッジが安定した速度で上下に移動し、停止位置でも衝突を避ける必要があります。油圧ダンパー DVC-32がなければ無理な課題です。密閉式でメンテナンス不要、すぐに取り付け可能なダンパーは、キャリッジの往復移動で速度を正確に調整するのに適しています。ストロークの各方向で独立した調整が可能で、両方向に作用します。スリムなデザインと豊富なアクセサリーで、繊維機械への統合も容易です。

応用分野

  • シリンダの動作制御
  • 減衰力の制御
  • マシニングセンター
自動車産業、機械製造、電子部品をはじめとする各種産業分野で機械要素として大いに活躍します。
×

ACE Controls Japan L.L.C. | ログイン

既に登録されていますか?こちらからログイン
For all first-time customers, an account is created when the first order is made.
分からないことがあれば、info@acecontrols.co.jpにご連絡ください。